facebook instagram twitter
BMW 駆けぬる歓び

白銀の世界を求めて冬の東北・山形へ。万全の雪道対策で挑む、ウインタードライブ。

TwitterFacebook

急な気温の変化や積雪で、ヒヤリ・ハットな経験をしないために。
ウインター・シーズンのドライブは、愛車の冬支度からはじめよう。

愛車の軽快な走りとともに、道中の過ごし方や、ドライブを充実させる新たな楽しみ方まで。BMWのオーナーだからこそ体験することのできる、上質なカーライフを提案する「Pleasure of BMW Life」。

日を追うごとに気温が下がるこれからの時季は、温泉めぐりやウインタースポーツなど、寒い季節ならではのドライブチャンスにも恵まれるシーズン。それと同時に気をつけたいのが、厳冬期だけでなく早朝や深夜にも起こりうる路面凍結や、山間部での急な降雪などによるリスク。パートナーや家族など、大切なひととのドライブでヒヤリ・ハットな体験をしないためにも、冬季のドライブは愛車の冬支度として、まずはタイヤ周りを万全なコンディションに整えることからはじめたい。

スタッドレスタイヤでも、チェーンを着けていなければ走行不可!新設された「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の標識にご注意を。


東北地方をはじめ、冬季の気温の低下や積雪量の多い地域では、冬用タイヤやチェーンの装着は不可欠。特に走行車線上でのチェーンの装着は危険を伴うため、高速道路上や自動車専用道路上にある「チェーン着脱場」にて、早めのチェーン装着を行う必要がある。

また、大雪時のチェーン規制について、国土交通省が2018年12月より「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の標識を新設(青丸の標識にチェーンを装着したタイヤが記されたもの)。この標識が出ているチェーン規制中の道路上では、たとえスタッドレスタイヤを装着している車輌でも、雪道ではスタックする可能性があることから、タイヤチェーンを着けていない場合は通行不可となる。

出典:国土交通省「チェーン規制 Q&A」
http://www.mlit.go.jp/road/bosai/fuyumichi/tirechains.html

新しいチェーン規制にも適合。誰でも手軽に短時間で着脱できる、BMW純正の「スノーソックス」でスマートに雪道対策。


ドライブ中の予期せぬ悪天候でも、快適な乗り心地のまま安全をキープしてくれるBMW純正の「スノーソックス」。名の通りタイヤの上から靴下のように履かせる布製タイヤ滑り止めで、誰でも時間をかけず、手軽に装着することが可能。もちろん、2018年末に施行された新チェーン規制にも対応している。
また、通常のタイヤチェーンとは異なり、タイヤを傷つけたり乗り心地を損なう心配も無用。スムーズな走りのため、装着しているのを忘れてスピードを出しそうになるが、「スノーソックス」はあくまで安全をサポートするためのチェーン。使用する際は時速40km以下を維持した安全運転は必須だ。
運転中の安全・快適性を高める、頼れるアイテム。ウインターシーズンのドライブに備えて、トランクに忍ばせておくことをオススメする。

BMW純正アクセサリー「スノーソックス」の詳細はこちら

万全な雪道対策を済ませた愛車で巡る、衣・食・住、見どころ満載の山形県。


都心から東北自動車道を北上すること約5時間。BMW M340iのパワフルかつ安定した走りを満喫しつつ、やってきたのは山形県山形市。県土の約7割が豊かな自然に囲まれる山形では、クルマを走らせているだけでも多くの絶景と巡りあうことができる。県全域の約9割にあたる地域が特別豪雪地帯にも指定されており、冬季はここでしか見ることのできない白銀の世界を堪能することもできるだろう。
さらに、県内には歴史を物語る数かずの史跡や、全市町村に湧出する温泉など、大人の休日を彩る見どころが多数。東北屈指のグルメ県としても知られ、豊かなご当地の食材や滋味も外せない。
そうした見どころ満載の山形において、県外はもとより海外からも多くの人びとが訪れる施設が寒河江市にある。その名は複合施設「GEA(ギア)」だ。


世界のトップメゾンと取引を行う紡績・ニットメーカー・佐藤繊維が主体となり、2015年にオープン。地元の酒蔵を譲り受けて移築し、繊維工場として使用していたという築100年以上の石蔵をリノベーションした趣のある外観が特長。歴史ある建物とともに、繊維工場で使われていた機械を活かしたディスプレイが目を引く。「衣」を通じて山形の魅力を寒河江から世界へと発進する、注目の施設だ。
現在は、つくり手側の目線で世界の最新ファッションをセレクトする「GEA1」と、専門バイヤーが国内外で買い付けたライフスタイルツールが揃う「GEA2」、そして地元・山形の食文化を発信するレストランやグロッサリーを併設する「GEA3」で構成されている。
山形市内からクルマで約30分とアクセスも良く、駐車場も充実。ドライブの合間にお土産を探しのショッピングや、食事休憩を取るのにも適したオススメのスポットだ。

GEA
山形県寒河江市元町1-19-1
TEL:0237-86-7730
www.gea.yamagata.jp

万全の雪道対策を済ませた足まわりで、白銀の世界でのドライブを満喫。


寒河江市内から山形自動車道を経由し、月山道路(月山花笠ライン)を鶴岡方面へ。きつい勾配と急カーブの続く山岳道路は、まさに“駆けぬける歓び”を体感するにはうってつけの場所。秋は紅葉も楽しめるオススメのコースだが、毎年11月中旬からは積雪が観測され、早い時期からチェーン規制が敷かれていることも。
そこで「スノーソックス」の出番。ひとりでも短時間で着脱できるスノーソックスなら、雪の降る車外で長時間作業をする必要もなく、スマートに足まわりの安全性を高めることができる。BMW推奨のスタッドレスタイヤと併用して備えておけば、目的地がチェーン規制中で泣く泣く引き返すという心配も無くなるだろう。
さらに、BMW M340iに搭載した独自のインテリジェント4輪駆動システム・BMW xDriveが、悪路や雪上でも安定した走りをサポート。安心・快適に白銀の世界でのドライブを堪能するには、やはり万全な備えが不可欠となる。

※積雪量の多い地域では時期によっては一部封鎖されている区間もあるため、訪れる前には必ず最新の道路状況の確認を。山形県の通行規制情報、および国土交通省ホームページを参照しておきたい。

雄大な蔵王連峰が一望できる“恋人の聖地”へチェックイン。


雪道でのドライブを楽しんだところで、お次は眺めのいい場所を求めて山形県道51号山形上山線を南下。「恋人の聖地 花咲山展望台」へ向けて、愛車を走らせる。2020年10月1日より開催中である「BMWスタンプラリー2020」の、スタンプスポットでもあるこの地は、蔵王連峰が一望できる、美しい景観が魅力。葉山温泉街からも近いことから、県内に点在する温泉巡りを楽しみながら足を運ぶのにも、おすすめの場所だ。スタンプをゲットしたら、いざ、次の目的地へ。

恋人の聖地 花咲山展望台
山形県上山市葉山9-30

「BMWスタンプラリー2020」はこちら

温泉宿に流れる静かで上質な時間が、長旅で疲れたドライバーを癒やす。


長い道のりの雪道ドライブを経てたどり着いたゴールは、南陽市赤湯温泉にある「山形座 瀧波」。山形駅からクルマで約40分の立地にある、100年以上の歴史を持つ温泉宿だ。


今から350年ほど前の、上杉藩山守・大庄屋の曲がり屋を移築復元した趣のある外観とは裏腹に、玄関を一歩くぐれば和とモダンが高度に融合した、シックな空間が広がる。館内のあちらこちらに点在する家具は、アルネ・ヤコブセンやハンス・J・ウェグナーが手掛けた名作ばかり。


宿には米蔵をリノベーションした「KURA」や、木造小学校の趣を残す「SAKURA」、天童木工の家具やこだわりの調度品を取り入れた「YAMAGATA」と、3種類計19の客室が用意されている。どれも開放感と静寂を両立する上品な空間が魅力で、全てに露天風呂も完備。風呂の湯は、開湯920余年という歴史ある赤湯温泉の源泉掛け流し。3人の湯守が日々徹底して管理しているという質の高い生まれたての十割源泉で、のんびりと身体をほぐすことも。宿に籠もって、思う存分静かな時間を堪能することができる。


そして、お待ちかねの夕食。ダイニング「1/365」でいただくのは、置賜盆地の旬の食材をふんだんに取り入れた、山形の伝統料理を中心とした料理。その季節だけにしか採れない山菜に、上質な米沢牛、「つや姫」をはじめとする4種類の有機米など、今ここでしかない料理の数かず。山と海、田畑から届けられた妙味は五感を刺激するとともに、旅の疲れを忘れさせる感動をもたらしてくれるだろう。

山形座 瀧波
山形県南陽市赤湯3005
TEL:0238-43-6111
http://takinami.co.jp/

美湯に美食と、宿のもてなしにすっかりと癒やされた日没後。部屋でじっくりと疲れを癒やすのもいいが、夕食後の腹ごなしに再び愛車と駆けぬけるのも一興。
そこで、遠方へのドライブの楽しみのひとつ、夜景スポットを求めて山形市内へとクルマを走らせる。県内には山形市を中心に複数の夜景スポットが点在しており、空気の澄む冬季は夜景や星空観察にも最適だ。
愛車で走るほどに新たな発見と楽しみが待っている、冬のロングドライブ。みなさんも、万全な冬対策を済ませて、出かけてみてはいかがだろうか。

他の記事を読む