facebook instagram twitter
BMW 駆けぬる歓び
12,067 Views

ゴルフを深く楽しめるか…それはラウンド前後の“走り”で決まる

TwitterFacebook

ゴルフはメンタルによってパフォーマンスが大きく左右されるスポーツだ。そのため、ラウンドへ挑む上では、プレー前から心のコンディションを整えることが重要なポイントとなる。さらに、プレー後の余韻をしっかりと楽しむのも、ゴルフライフのひとつの醍醐味といえるだろう。

BMWオーナーたちの愛車の楽しみ方を紹介する「BMW Owner’s Life Story」。第1回は、アパレルメーカーに勤務し、趣味としてゴルフを楽しむ佐藤剛さん。休日は愛車「535i ツーリング Mスポーツ」でゴルフ場へ繰り出すことが多いという。今日も愛車でゴルフ場にやって来た佐藤さんに、BMWとゴルフライフへのこだわりについて聞いた。

「BMW」の走りが鍵を握る。佐藤さんのゴルフライフ


「会社の先輩が乗っていたBMWを運転させてもらったのが、BMWとの出会いですね。それ以来、すっかり虜になってしまい、同じグレードを2台乗り継いでいます。ゴルフに出かける時は、ラウンドの時間だけでなく、愛車のハンドルを握る時間も楽しみのひとつだったりします」

佐藤さんにとって、ゴルフ場へと向かう際に愛車を運転することは、心を整えつつ、じっくりとテンションを高めるための大切なルーティン。「その日のゴルフを本気で楽しめるかどうかは、愛車を運転する時間にかかっています」とも語る。それゆえ、その大事な「走り」を楽しむためのこだわりも、当然深い。

車も重要なゴルフギアのひとつ。
だから、本物志向にこだわりたい

「ゴルフのパフォーマンスを高めてくれるという意味では、自分にとって愛車は重要な“ゴルフギア”のひとつと言っても過言ではありません。だからこそ、とことん本物志向でこだわりたくなるんです。とにかくパーツ選びは妥協したくないですね」

そう語る佐藤さんのこだわりは、『BMW M Performance Parts』でドレスアップされた愛車のルックスからも見てとることができる。ラウンドを終えた佐藤さんに、カスタムへのこだわりを聞く。

「パフォーマンスを高めてくれるゴルフギアのひとつ」とまで言わしめる愛車は、グリルからペダルにいたるまで、『BMW M Performance Parts』で統一。

「洋服もそうですが、オーセンティックなアイテムが好きなんです。だから車をカスタムするときも、基本的には純正パーツを中心に選びます。自分のこだわりが詰まった愛車でのドライブは、ゴルフに向けてのテンションを確実に上げてくれますね」

では、佐藤さんが実感する『BMW M Performance Parts』の魅力とは。

「車との相性や性能の良さはもちろん、純正パーツが持つ本物感と信頼感は、車体トータルの魅力を高めてくれます。例えばペダルひとつ変えるだけでも、走りにのめり込む感覚がぐっとアップします。それはパーツをカスタムする度に実感できますね」

BMW M Performance Partsはこちら

 

行きは上品に、帰りはアクティブに。
気分に沿ってふたつの走りを使いわける

センターコンソールにあるダイナミック・ドライビング・コントロールのスイッチをワンプッシュするだけで、スポーツモードへの切り替えが可能。パドルシフトと合わせて佐藤さんお気に入りの機能だ。

行きはゆったりとした走りで心のコンディションをゆっくり整え、帰りにはスポーティな走りを楽しむのが、お決まりの流れだ。

「復路では、持ち前の高速走行性能を発揮してアクティブな走りを楽しんでいます。スポーツモードによる低速から中速にかけてのスムーズな加速、パドルシフトによる『運転している!』感あふれる乗り心地は、ラウンド後の疲れすら忘れさせてくれます」

そして職業柄、身に着けるアイテムへのこだわりも人一倍だ。ゴルフウェアはもちろん、ゴルフバックやアクセサリーのセレクトにも余念がない。

佐藤さんが愛用する「BMW Golfsport Collection.」のギアの数々。ネイビーをベースにオレンジとホワイトの差し色が緑いっぱいのコースに映える。さりげないBMWロゴがオーナー心をくすぐる。

「ゴルフギアは、普段ファッションを楽しむときと同じ本物志向。スタンダードでシンプルなものを選ぶことが多いですね。BMWのゴルフアイテムもチェックしています。BMWの品格が上手くデザインに反映されていて、とても気に入っています。ここまで堂々と取り入れられるのも、オーナーだけの特権かなと思っています(笑)」

BMW Golfsport Collection.はこちら

BMWライフをより深く楽しむために…
ファンも納得の正規ディーラーの強みとは


インタビューを通して、ゴルフを中心とした愛車の楽しみ方を語ってくれた佐藤さん。そんな愛車をもっと深く楽しんでもらうべく、この日は「BMW 東名横浜本店」まで足を伸ばしてもらった。対応してくれたのは同店のサービスマネージャー三澤泰也さん。まずは佐藤さんこだわりの『BMW M Performance Parts』の話題になると、すぐに丁寧かつ的確な提案を。

「『カーボン・インテリア・トリムセット』や『リヤ・ディフューザー』『カーボン・ミラー・カバー』など、いくつか未装着な『BMW M Performance Parts』はありますが、次のカスタムにおすすめなのは『ルーフ・スポイラー』ですね。外見をよりスポーティに演出できるのはもちろんのこと、高速走行時の安定性を高めるために研究を重ねて開発されたアイテムです」

普段、正規ディーラーを積極的には利用していなかったという佐藤さんも、三澤さんからの提案に興味津々。実はちょうど次のカスタムに「ルーフ・スポイラー」を検討していたのだという。

「愛車の状況や私のこだわりをすぐに理解してくれたのは、さすがですね。さらにパーツそのものの情報や、取り付け工程、コストまで親身に相談に乗っていただき、思わず購入意欲が高まってしまいました(笑)」

「『BMW M Performance Parts』をコンプリートしたいとおっしゃっていた佐藤様は、当然ですがスポーティな走りにこだわりをお持ちです。今回はその走りをアップデートする方向でご提案をさせていただきました」(三澤さん)

メインテナンスなどを行うガレージで、ルーフ・スポイラーの取り付けについて説明を受ける佐藤さん。店内にはBMWのさまざまなオリジナルグッズのほか、マイクロ・フィルターやブレーキ・ディスクといった純正のメインテナンスパーツの展示も。

三澤さんは最適な提案をするために、まずお客様の趣味志向を把握するよう心がけているという。その要となるのが「会話」。車のことだけでなく、趣味や家族の話など、話題の幅を広げていくことで、お客様が求めるサービスがおのずと見えてくるのだという。ふたりの会話はカスタムのことから、メインテナンスの話題へと移っていった。

「オイルは3,000〜5,000kmを目処にフィルタと一緒に交換し、2回に1回はエンジンクリーニングも行い、こまめなメインテナンスを心がけています。でも実は、正規ディーラーでメインテナンスを行うことのメリットはよく理解できていなくて……」(佐藤さん)

「正規ディーラーには、『BMWキーリーダー』という独自のシステムがあります。愛車のキーから車体のコンディションをすぐに読み取ることができるので、プロショップなどよりもスピーディかつ細やかなメインテナンスができます。また、正規ディーラーでは通常のオイルに加え、Mシリーズに最適な『Mシリーズ・エンジン・オイル』などもご用意しています。この車は構造上、エンジンのメインテナンスはとても手間のかかる作業。そうした面倒な作業こそ、BMWを知りつくしたメカニックのいる正規ディーラーをご利用いただければと思います」(三澤さん)

「キーを差し込むだけで、ブレーキ液やエンジンオイル、フロントブレーキ、リヤブレーキの消耗具合や点検時期や項目などがわかるのは、スゴい。そんなシステムがあることすら知りませんでした。これを使うためだけでも、正規ディーラーに来たくなりますね。それに、気になる『BMW Golfsport Collection.』のゴルフギアもいろいろありますし(笑)」(佐藤さん)

あらためて愛車を見つめ直すひとときを過ごし、佐藤さんは正規ディーラーのメリットを深く実感することができたようだ。

「これまでお世話になる機会が少なかったのですが、ここに来れば車の状態が逐一わかりますし、いつもとは違った視点で愛車を見つめ直すこともできる。これからは、小まめに立ち寄るようにしたいと思います。ゴルフのあとのドライブに、ひとつ楽しみが増えました」

サービス入庫リクエストはこちら

 

撮影協力:
株式会社小田急スポーツサービス/小田急藤沢ゴルフクラブ
http://www.fujisawagc.jp/