facebook instagram twitter
BMW 駆けぬる歓び
1,448 Views

BMWランフラット・テクノロジー体験試乗会レポート

TwitterFacebook

2017年7月15日に富士スピードウェイで開催されたBMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017では本コースやパドック内において、BMW車の魅力に触れる様々な催しが開かれていた。中でもBMWユーザーの注目を集めていたのが、BMWオリジナル・スターマーク・タイヤのランフラット・テクノロジー体験試乗会である。今回、この試乗会では純正装着のランフラットタイヤ、『ブリヂストン・トランザER300 』を履いたBMW 1シリーズを2台使用し、タイヤの空気圧が正常な状態と、パンクして内圧がゼロになった状態を乗り比べることができたのだ。

右前タイヤのサイドウォールにドリルで穴を開けた試乗車を走らせてみて驚かされたのは、さすがにステアリングを大きく切るとサイドウォールが撚れる感じが伝わってきてパンクだとわかるのだが、直進している限りは、パンクしていると気づき難い点だった。

ランフラットタイヤは内圧ゼロの状態でも80km/h以下の速度で80kmの距離を走れるように作られているという。今回40km/hほどの速度で試した限りでは、タイヤメーカーが標榜するふたつの”80″という数字は控えめなものに違いないと感じた。それほど緊急時のランフラットタイヤの性能は高かったのである。

一方、パンクしていない1シリーズに試乗した際にはタイヤとのマッチングに着目してみた。するとBMW承認タイヤならではのリニアなハンドリングはもちろんだが、第三世代となったランフラットタイヤの乗り心地の良さに代表されるその進化にも大いに感銘を受けた。

例え時間が経過したBMWモデルでも、スターマークの付いたランフラットタイヤを履き替えるたびに”駆けぬける歓び”が蘇る。スターマークタイヤの存在は、走りと安全性を両立させたいBMWオーナーの常識と言えるのである。