facebook instagram twitter
BMW 駆けぬる歓び

最高のサービスが 最高の走りを約束する。【Part.2】ファッションのプロと メカニックのプロ、その共鳴〈後編〉

Takeo Kikuchi:1939年東京都生まれ。’70年にBIGIを設立。’77年にパリでコレクションを発表、世界に知られる。’84年にワールドへ移籍し「タケオキクチ」を発表。2012年、一度は退いた「タケオキクチ」のクリエイティヴディレクターに再就任、自身の感性を次世代に伝承する。 左が使用後のオイル・フィルター、右が新品。オイルもフィルターも、パフォーマンスを最大限に発揮し、安心して長く使える耐久性を考慮してBMW専用に開発された純正品だ。BMW独自の教育を受けたスタッフが専用機器を用いて作業するので、高いクオリティが長期間保たれる。
TwitterFacebook

BMWオーナーである各界の著名人とともに、なぜ正規ディーラーを利用したほうがいいのかをひもとく。タケ先生ことファッションデザイナーの菊池武夫さんが、その最新の設備施設に接する続編。

前回はこちら

 

「20年は乗る」というほど気に入り、14年前に「BMW Z4」を購入したタケ先生が最新施設で整備を受ける。案内されたのはダイレクト・レセプションという受付。ここで愛車のキーを「キー・リーダー」に差しこむと、走行距離をはじめとした車両情報とともに、交換時期の近づいた部品や点検時期などの情報も読みとり、オイル交換の時期が近いことを知らせてくれる。「ドイツと同じシステムなんですか。対応がキメ細かい」とタケ先生も感心。性能をフルに発揮するために、BMW専用の最高品質エンジン・オイルを使うと聞いたタケ先生は大きく頷く。

「純正品を使うことや、この『BMW Z4』の走行や整備の履歴がどこの正規ディーラーでもわかるのは、安心につながります」

 正確なカルテ、純正の部品、熟練スタッフ。タケ先生の愛車が"ハタチ"を迎えるための環境は完璧に整っている。

 

菊池武夫さんの共鳴
整備されたサービス体制もBMWに長く乗る理由です

1.専用テスターとタケ先生の「BMW Z4」を接続、走行履歴をもとに整備内容を確認。一般の整備工場にはできない、正規の設備ならではの体制だ。 2.キーを差しこむと車体番号から情報を読み取るキー・リーダー。 3.BMWを知り尽くしたスタッフが丁寧に作業。 4.本文にあるダイレクト・レセプション。

BMW GROUP Tokyo Bay

2016年にオープンした、日本最大規模のBMW/MINIのブランド体験型複合施設。
約27,000m2の広大な敷地には、最新設備を導入したショールーム、
サービス工場のほか、試乗ができるドライビング・エリアやカフェなどもある。

住所:東京都江東区青海2-2-15
電話:03・3599・3840(代表)
営業時間:10:00~19:00
定休日:年末年始・夏季

 


雑誌『GOETHE(ゲーテ)』2017年8月号掲載記事
Text=サトータケシ Photograph=谷田政史(CaNN)